住宅2Fバルコニーのスカイカバーと屋外用スクリーン

浦和の住宅の2Fバルコニーにスカイカバー(開閉式テントシステム)と屋外用スクリーン「カヴァーティー」を設置いたしました。

スカイカバーのキャンバスは今回は透光性のある生地を採用いたしました。
日中にスカイカバーを閉じても暗くならずに日陰を作ることができます。

今回はスカイカバーの取付用のアルミ製ブラケットを作りました。
アルミはスチールのようにさびないのでとても良いと思います。

また今回のスカイカバーはLED照明付きでしたので、夜でもスカイカバーの下で快適に過ごすことができます。


スカイカバーの前面には屋外用スクリーン「カヴァーティー」を取り付けました。
スクリーンをおろせば冬場でも寒くなく過ごせます。
スクリーンのフィルムは透明度の高い「アキレス・スカイクリア防炎」を使いました。
今回はお施主様のご希望で格子状のデザインにしました。
作るのは大変でしたが、とてもきれいに納まりました。

おすすめ記事

  1. 2018年 三角形ファーリングシェードの取付
  2. Fシェード(Furling Sade Sail)を幼稚園に取り付…
  3. 2016年IFAI EXPOシャーロットの写真(その5)
  4. 船橋の保育園で開閉式テントの取付
  5. 2015年IFAI EXPOアナハイムの写真(その2)
  6. 2016年IFAI EXPOシャーロットの写真(その2)
  7. 横浜市住宅でFシェード(Furling Shadesail)の取…
  8. 2017年日比谷サローでスカイカバー、屋外用スクリーンの取付

関連記事

  1. 住宅でのFシェードの取付(さいたま市)
  2. 2015年IFAI EXPOアナハイムの写真(その1)
  3. 保育園でのオーニングの取付(取付の流れのリポート)
  4. 2016年IFAI EXPOシャーロットの写真(その3)
  5. 屋上テラスにスカイカバーと屋外用カーテンを取り付けました
  6. 船橋の保育園で開閉式テントの取付
  7. 2016年IFAI EXPOシャーロットの写真(その4)
  8. 2015年IFAI EXPOアナハイムの写真(その3)
PAGE TOP