八潮市住宅のシンプルシェードの取付

八潮市の住宅にとってもシンプルなシェードを納めさせていただきました。
2Fテラスにはデッキが敷かれていますが、日よけがなかったため直射日光があたると裸足では歩けないくらい熱くなっていました。

ちょうど梁の下にフックがついていたので、それを利用して簡単に引っ掛けられるシェードを製作しました。
生地はテイジンのシャガールアートの新色SA63です。

一般的にお客様は無難なカラーをお選びになることが多いのですが、敢えてストライプを選ぶことでテラスのアクセントになります。
またストライプの柄の効果で汚れが目立ちにくいのも特徴です。

シェードセイルですとエッジにカーブが付いているのでストライプの柄は向いてませんが、こういったまっすぐなシェードの時はカーテンを選ぶように「シャガールアート」や「サンブレラ」を使うと楽しい空間が作れると思います。

今回シェードを取り付けましたら、デッキの上にいられるようになりました。
取付させていただいて、本当に良かったと思いました。
使用生地:テイジン シャガールアート SA63

おすすめ記事

  1. デッキにシェードセイルとオーニングを取り付けました
  2. 固定テントをアパートに取り付けました
  3. 2016年IFAI EXPOシャーロットの写真(その2)
  4. 保育園でのオーニングの取付(取付の流れのリポート)
  5. 横浜市住宅でFシェード(Furling Shadesail)の取…
  6. 長野県のリゾート施設にシェードセイルを取り付けました
  7. テント生地の紹介ページを作りました
  8. LYURO東京清澄のテラスのFシェード(Furling Shad…

関連記事

  1. テント生地の紹介ページを作りました
  2. 新年のごあいさつ
  3. 国際バラとガーデニングショウ2017でテントを展示してました
  4. 2015年IFAI EXPOアナハイムの写真(その2)
  5. デッキにシェードセイルとオーニングを取り付けました
  6. 保育園でのオーニングの取付(取付の流れのリポート)
  7. 住宅でのFシェードの取付(さいたま市)
  8. 2015年IFAI EXPOアナハイムの写真(その1)
PAGE TOP