国際バラとガーデニングショウ2017でテントを展示してました

だいぶ時間が経ってしまいましたが、5月に開催された「国際バラとガーデニングショウ2017」で、ガーデンデザイナーの有福創さんの展示ブースでテントを製作させていただきました。

今回はイメージの展示でしたので、メインの生地は無地のカーテン生地で、ドレープ部分や小さなテントの裾にボイル生地を使いました。
初めて「国際バラとガーデニングショウ」に行きましたが、とても華やかで圧倒されました。

有福さんの展示はナチュラルテイストで、人々がステキな草花と共に自然とたわむれて過ごすという、調和のとれた空間が出来上がっていました。

1つ1つの草花が品良くバランスよく配置されていて、細部まで計算されてこのステキな空間が構成されているんだと実感しました。

弊社は常日頃日よけを提案させていただいていますが、周りにこういった草花があり、外の自然に触れられるところに日よけを取り付けることで快適な空間が完成するんだと思いました。

おすすめ記事

  1. 都内の保育園に取り外し簡単シェードセイルの取付
  2. 屋上テラスにスカイカバーと屋外用カーテンを取り付けました
  3. 2015年IFAI EXPOアナハイムの写真(その1)
  4. 2017年日比谷サローでスカイカバー、屋外用スクリーンの取付
  5. 2015年IFAI EXPOアナハイムの写真(その3)
  6. 2016年IFAI EXPOシャーロットの写真(その2)
  7. 2016年IFAI EXPOシャーロットの写真(その3)
  8. 2016年IFAI EXPOシャーロットの写真(その5)

関連記事

  1. 横浜市住宅でFシェード(Furling Shadesail)の取…
  2. エコプロ2016「エコ結び~エコ家族が結ぶ健康美と賢い暮らし」出…
  3. 2018年 三角形ファーリングシェードの取付
  4. デッキにシェードセイルとオーニングを取り付けました
  5. 屋上テラスにスカイカバーと屋外用カーテンを取り付けました
  6. 2017年日比谷サローでスカイカバー、屋外用スクリーンの取付
  7. 船橋の保育園で開閉式テントの取付
  8. 都内の保育園に取り外し簡単シェードセイルの取付
PAGE TOP